まずはAGAについて

AGA(Androgenetic Alopeciaは、一般的に30~50代の中年男性にみられる男性型脱毛症です。

日本では、1000万人以上の人たちが抜け毛や薄毛で悩んでおり、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)といわれています。

AGAは女性の方でも発症しますが、男性のように局部的に脱毛することはほとんどなく、女性の場合は全体的に薄毛になっていくのが特徴です。

また、最近では20代のAGA患者も増えてきています。

特にAGAは進行性があるので、何も対処せずに放っておくと、ゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・薄毛が徐々に目立ってきます。

ただし、AGAの症状は薄毛になってしまっても産毛は残っているので、毛包が存在している限り髪の毛は太く長く育つ可能性があります。

出来るだけ早期に治療を行いAGAの進行を抑えましょう。

プロペシアで脱毛症や薄毛を改善したい方は安心・安全の通販サイトや個人輸入で医薬品を購入しましょう。

メニューをご紹介

AGA治療薬は種類がたくさんありますがプロペシアのジェネリックやミノキシジル関連が人気みたいです。 (参照:AGA治療薬王国)

まずは気になる項目をチェック

プロペシアとは

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアは、米国メルク社が開発した世界で初めて医師が処方するAGA治療薬で、世界60カ国以上で承認されています。このプロペシアの有効成分フィナステリドは脱毛を防ぐ効果があります。その効果の高さにも期待されています。

効果効能について

AGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質で、AGAで悩む男性の頭皮には通常より多くのDHTが確認されています。プロペシアの有効成分フィナステリドは、AGAの原因であるこのDHTという物質の生成を阻止する働きがあり、AGAの改善を行ってくれます。

主な副作用について

プロペシアの服用をすることを考えた時、どうしても気になってしまう副作用。しかし、副作用が全くない薬剤なんてものはこの世に存在しません。プロペシアの場合には副作用は性欲減退、ED、精子の減少、また、長期的に継続して服用することによって肝機能障害を引き起こしてしまう可能性もあると言われています。

その他の副作用報告①

こちらのページでは、プロペシアを服用して実際に起こる可能性がある副作用について紹介しています。プロペシアの副作用が出る確率は非常に低いといわれていますが、副作用が起こってしまうとこのような症状があるという事については知っておくようにしましょう。

その他の副作用報告②

こちらのページでも、「その他の副作用報告①」に続いて、プロペシアを服用して実際に起こる可能性がある副作用について紹介しています。プロペシアの副作用が出る確率は非常に低いといわれていますが、副作用が起こってしまうとこのような症状があるという事については知っておくようにしましょう。

副作用の対処法

ミノキシジル(ミノキシジルタブレット)やプロペシアといった医薬品育毛剤には、副作用がいくつも存在しています。服用した際に副作用が出る可能性は、非常に低いと言われていますが、もしも、副作用が出てしまった時には正しい対処が必要です。

使用に関しての注意点

こちらのページでは、プロペシアを服用する上での注意点について説明していきます。プロペシアは医薬品の中でも比較的に安全なお薬ですが、何か起こってからでは遅いので今のうちにしっかりとした知識を身に付けて予防をしておきましょう。

女性とプロペシア

髪が抜けることは自然な営みで、一生抜けない毛はありません。しかし、抜け毛の量が明らかに多くなってきている時は注意しましょう。近年、頭髪治療(薄毛治療)の専門病院でも、患者の3割は女性なのです。手遅れになる前に一人で悩まず、まずはカウンセリングなどを活用しましょう。

Q&A

こちらは、AGA(男性型脱毛症)治療薬の服用方法や服用した際の副作用についての疑問・質問にお答えするページとなっております。今まであなたが疑問に思っていたことや、これから薬の使用を考えている人が不安に思っていることなど、様々な内容が揃っています。

このページの先頭へ