プロペシアの効果・効能

プロペシアは国内の臨床実験では、非常に高い改善効果が立証されているため、これまでAGA治療薬の効果を実感したことのない人にもおすすめできる医薬品です。

(DHT)という物質で、AGAで悩む男性の頭皮には通常より多くのDHTが確認されています。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、AGAの原因であるこのDHTという物質の生成を阻止する働きがあり、AGAの改善を行ってくれます。

プロペシアの効果が出るまでの期間

これはプロペシアに限らずAGA治療薬全般に言えることですが、髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)というものがあるため効果が出るまでには時間がかかります。

人間の毛は成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返しています。

成長期は2~6年、退行期は約2週間、休止期は約3ヶ月あります。

長い期間のサイクルを繰り返しているために、薬の効果が目で見て判断できるまでには時間が掛かってしまいます。

薬を効果がではじめるのは早い人で3ヶ月、平均的には6ヶ月くらいかかるといわれています。

少し服用しただけでプロペシアは効かないと判断してやめてしまうのだけは止めましょう。

最低でも6ヶ月、できたら1年は続けてみましょう。

長く飲んでいる人ほど改善する確率は高くなっているのは、臨床実験で実証されています。

早く効果を実感したいという気持ちは分かりますが、落ち着いてじっくりと治療していくことが大切です。

プロペシアが効かない場合

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬なので、他の脱毛症には効果がありません。

例えば、円形脱毛症や粃糠性脱毛症、薬物による脱毛には効きません。

これらの脱毛症にはそれぞれにあった治療法があるので、そちらを試すようにしてください。

これらの場合は保険の適用になるものがあるので、病院に行くことをおすすめします。

遺伝的にプロペシアが効きにくい人

遺伝的にプロペシアが効きにくい人もいます。

薄毛になりやすい・なりにくいと、プロペシアの効果がある・ないというのには相関があり、遺伝的に薄毛=フィナステリドが効きやすい、遺伝的に薄毛になりにくい=フィナステリドが効きにくいとなっているのです。

遺伝的に薄毛の人はDHTへの感受性が強い人で、DHTが増加すると脱毛が進行しやすい人です。

だからDHTの生成を抑えるフィナステリドがよく効くわけです。

一方、遺伝的に薄毛になりにくい人はDHTへの感受性が弱いです。

DHTが増えてもあまり薄毛が進行しません。だからプロペシアでDHTの量を減らしてもあまり効果がないのです。

しかし、遺伝的に薄毛になりにくい人が薄毛になってしまった場合にプロペシアを飲んでも意味がないのかと言われると、そういうわけでもありません。

プロペシアを飲めばAGAの進行はほぼ100%抑えられます。

だからプロペシアで進行を抑えている間に発毛効果のあるミノキシジルなどの他の薬を併用することで薄毛の改善が期待できます。

このページの先頭へ