女性の薄毛

髪の毛を洗った時や朝起きて枕を見た時に「抜け毛」にドキッとした経験はありませんか?髪が抜けることは自然な営みで、一生抜けない毛はありません。

しかし、抜け毛の量が明らかに多くなってきている時は注意しましょう。

近年、頭髪治療(薄毛治療)の専門病院でも、患者の3割は女性なのです。

女性が抜け毛や薄毛で悩むことは特別なことではありません。

手遅れになる前に一人で悩まず、まずはカウンセリングなどを活用しましょう。

髪の毛を洗った時や朝起きて枕を見た時に「抜け毛」にドキッとした経験はありませんか?

女性はプロペシア禁止!

女性の場合は成人になっても飲まなようにしましょう。

2型の5αリダクターゼが働いていないので服用しても効果が現れないのと、女性は男性ホルモン自体が非常に少ないので安全性が確認されていません。

特に注意したいのが男児を妊娠している場合です。

DHTは男性外性器を作る役目があるので胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

薬剤に触れることも避けるようにしましょう。

あとプロペシアを服用している男性の精液にはフィナステリドが含まれています。

とても微量なので子作りへの影響はないと言われますが不安な場合は服用をやめて1ヶ月経ってからセックスに専念するようにしてください。

それまではしっかり避妊しましょう。

女性に効果のある薄毛治療薬

ミノキシジルとは、もともと血管拡張作用で高血圧の薬として使用されていた成分ですが、近年薄毛の改善にも効果的とわかり、薄毛治療に用いられるようになりました。

ミノキシジルは、血管を拡張させ、血流を改善していきます。

血液とともに発毛に必要な栄養が頭皮に行き渡り、健康な毛髪が再生される効果があります。

薄毛に悩む男性・女性とも使用でき、高い効果が期待できる数少ない治療薬です。

女性は男性に比べてミノキシジルの配合量が少なくても、高い発毛効果が期待できるとされています。

またミノキシジルは外用薬よりも、内用薬として治療に用いるほうが、体内に吸収しやすく、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジル成分を含んだ内服薬としてはミノキシジルタブレット、外用薬にはツゲインなどがあります。自分に合ったお薬を選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ