プロペシアについて

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアは、米国メルク社が開発した世界で初めて医師が処方するAGA治療薬で、世界60カ国以上で承認されています。

このプロペシアの有効成分フィナステリドは脱毛を防ぐ効果があります。

毛が抜けてしまう原因は、テストステロンと男性ホルモンの5α-リダクターゼと呼ばれる2つが結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)を生み出してしまうためとされていますが、フィナステリドは、この2つが結合してしまうのを阻害する働きがあるのです。

日本では、MSD株式会社が2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売を開始しました。

プロペシアはAGAの治療薬として世界各国で使用されているだけあって、その効果の高さに期待されています。

フィナステリド

AGA(男性型脱毛症)原因のほとんどが男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質で、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、そのDHTを生成する5aリダクターゼ酵素を阻害することで薄毛を引き起こすSHTの生成を抑制します。

なのでプロペシアを服用することで効果があらわれることは高いでしょう。

ただし、服用したからといって即効性はありませんので継続的に服用することが重要です。

フィナステリドは元々、前立腺のお薬として開発が進められていました。ノコギリヤシと呼ばれるアメリカテキサス州~メキシコに自生する植物から発見された成分で、開発の途中でAGAに効果があることが発見されたためAGA治療薬として承認をされました。

購入方法

プロペシアは、日本ではMSD社(旧万有製薬)が販売を行っていますが、薬局やドラッグストアで簡単に購入できるものではなく医師の処方箋が必要な医薬品となっております。

そのため病院やクリニックなどの医療機関での処方となりますが、自由診療となるため健康保険適用外のお薬とされているため治療費、お薬代全てが全額自己負担となります。

保険適用外のお薬のためクリニックでの費用もバラバラですが、一ヶ月で診療代や交通費など含めて平均1万円ほど掛かります。

1年で約12万円と、決して安い金額ではありません。

最近では医師の処方後、お薬に慣れてきたら個人輸入代理サイトを通して購入する人も増えてきました。

一番は金額と手軽さ。自宅へ届き、金額も半額近くで済むため、病院と併用する人が多いようです。

このページの先頭へ