Q&Aコーナー

Q.プロペシアは、いつ飲むのが効果的なのでしょうか?

A.公式にはプロペシアの服用のタイミングによる効果の差は指摘されていません。ご都合の良い時間帯に服用してもらっても大丈夫です。24時間おきの定期服用を心掛けるようしてください。お薬の体内での濃度が安定し、効果が出やすいと考えられます。

Q.服用するのは食前と食後、どちらでも良いのでしょうか?

A.食事による体内への吸収の影響は指摘されていません。食前食後どちらでも服薬可能です。

Q.プロペシアを服用した際の主な副作用を教えてください。

A.副作用としては性欲減退がおよそ1%です。服薬を中断しなければならないほどの 強い性欲減退は認められていません。また、嘔気、食欲不振などの消化器症状も数%認められます。服用開始時に多く、継続すると改善される場合がほとんどです。例外的な副作用として、肝機能障害が、数万人に1人程度いらっしゃいます。その他、アレルギーを生じる場合がございます。ここから分かるとおり、非常に安全な薬剤といえます。

Q.現在、プロペシアを服用しています。前立腺ガンの検査を受けようと思いますが、服薬していることを医師に伝えたほうがいいでしょうか?

A.必ず伝えるようにしましょう。プロペシアは、前立腺ガンの腫瘍マーカーであるPSA値を、およそ半減させます。つまり、服用している方は、PSA値を倍にして考える必要があります。 前立腺ガンを見落とす危険性がありますので、必ず担当の先生に服用している旨お伝え下さい。

Q.スポーツをやっているのですが、プロペシアはドーピング検査上の問題はありますか?

A.2009年4月より、ドーピング検査の対象から外れます。服用を継続していても、特に問題ございません。ドーピング薬の隠蔽効果があったため、以前までは、ドーピング検査対象でした。

Q.風邪薬や血圧の薬などと服用しても大丈夫でしょうか?

A.現在、併用してはならない薬剤は指摘されていないので、併用しても大丈夫です。プロペシアは、海外で前立腺肥大の薬として使用実績のある薬です。お薬併用に関するデータは豊富です(そのため、このようなお答えができます)。

Q.子供をもうけたいと考えているのですが、プロペシアの服用は、胎児へ影響がでたりしますか?

A.薬の飲み合わせが問題になったという報告は今のところありませんが、念のため、いつも飲んでいるお薬や飲むことの多いお薬は病院などで診察してもらい相談するようにしましょう。

Q.プロペシア服用についての注意事項はありますか?

A.プロペシアは必ず処方を受けたご本人が服用してください。妊婦や授乳婦、小児がプロペシアやフィナステリドを誤って服用しないようにご注意ください。プロペシアは円形脱毛症や抗がん剤などの副作用による脱毛症、フケによる脱毛症、自身による抜毛症などには効果がありません。また、女性の脱毛症に関しても効果が認められていません。

このページの先頭へ